即日融資から即日振込へ

自動契約機からの申込

消費者金融のカードローンに申込む一番の理由は「即日融資」が可能だからです。
すぐに現金が欲しいからこそ申込むのであって、審査に日数が掛かるようでは全く意味がありません。一昔前は消費者金融の窓口で借りるしかありませんでしたが、店舗に入るのに抵抗を感じる人がいたり、店舗自体が減少したりしているため、現在では自動契約機からの借入が一般的になっています。
近年では大手消費者金融は繁華街や商店街などに数多く自動契約機を設置していることから、探すのに手間取るということがありません。
また、自動契約機は専用の無人の部屋に設置されているため、周りの目を気にしなくても済みます。
自動契約機の操作はタッチパネル式で手順もすべてモニターで示されるので、女性や年配者でも簡単に手続きをすることができます。
なお、自動契約機からの申込でもその場で審査が行われ、融資可となれば契約書とATM用カードが発行されてくるので、その日に現金を手にすることができます。

インターネットを利用した申込

現在のカードローンからの借入の主流は即日融資から「即日振込」に変わってきています。
それはパソコンやスマホなどインターネット端末の普及によって、インターネットを活用したサービスの利用が市民の間で一般化したことによります。
インターネットであれば24時間365日休みが無く、またわざわざ出かけなくても自宅や外出先からでもカードローンに申込むことができます。
申込方法は消費者金融のWEBサイトにアクセスし、専用フォームに必要事項を入力して送信するだけという簡単なものです。
その後審査が行われ、審査にパスした案内がきたらインターネット上での契約手続きに移りますが、本人確認書類はスマホやデジカメで撮った写真をアップロードしたり、スマホアプリで送信したりすることができます。
契約完了後、WEB上の会員サイトにある専用フォームから借入の申込をすると、当日の内に利用者の指定した銀行口座に借入金を振り込んでもらえます。
なお、借入金の振込先口座を消費者金融の提携銀行にすると、休日や夜間の申込でも瞬時に口座に入金してもらえます。